IT系の資格の最高の対策はコレです!

現在専門のIT系の資格を除いても、パソコンスキルの有無は就職のみならず、多くのニーズを抱えています。IT系の資格の対策として、パソコンスクールが良いかテキストで独学が良いかを二つの視点で述べてみたいと思います。
まず、パソコンスクールの資格対策コースは、効率よく学べます。そして継続性に優れています。これは授業料が高額で、且つ解らなければ教えてくれ、みんなで学習している点で目的と集中力が明確に自分の意識を資格取得へと持って行けるからです。
次に、テキストのメリットを述べてみます。こちらは、働きながら自分のペースで、自分の慣れ親しんだ環境で、移動時間の労力や交通費、それに授業料、生徒たちの雑音、油が乗った時でも終えなければならない時間。これらに縛られることなく、思う存分に休憩を挟みながら、自由に進めることが出来ます。

この2つのどちらを選ぶのが良いのかは、自分の次第ですが、本当の学習は資格を取ってからもソフトウェアの進化に付いていけるよう、自分で会社に貢献出来る能力の向上です。ですから、どちらにしても、市販のテキストを前にして勉強出来る環境を培った人のほうがIT系の資格の対策が出来ている人と言えます。IT系の資格の対策のテキストは2,3買ってやってみることをおすすめいたします。

Learn More

効率のよいIT系の資格対策とは

経済が不安定な状態が続く中、自身のスキルをしっかりと証明することの出来る資格に注目が集まっています。

とくに成長著しいIT分野の資格には人気が集まっており、オフィスでOA機器を使いこなすための資格から、プログラムなどを作り上げる側の資格まで、挑戦する方が増えています。

そうしたIT系の資格対策には、独学よりもスクールに通ったほうが効率的でしょう。というのもIT分野は進化がとても早いために、最新の情報に対応して行かないといけません。独学ではそうした流れをつかむことが難しいですから、最新情報について解説してもらえるスクールでの学習がベストです。

また、IT系の資格対策には、実際にパソコンなどを扱いながら学習したほうが効率が良くなります。特に、特定のオフィスアプリケーションを扱う資格の場合、独自の用語や操作方法が問われるケースがありますから、挑戦するアプリケーションを自宅のパソコンへインストールし、実際に操作しながら学んでいくことが必要になります。

Learn More

IT系の資格ITパスポートへの対策

IT革命まっただなかの現代。
パソコンやインターネットなど普及しているこの社会。当然、
IT系の資格というのも重要になってきています。
その代表格が、ITパスポート。
IT社会必携のパスポート。とはいいながら、情報系国家資格の代表格。
並の対策では通ることが出来ません。
このIT系の資格対策法としては、次のような特徴があります。
ITパスポートの出題部門は、大きく分けて
ストラテジ系・マネジメント系・テクノロジ系の3つに分かれています。
ストラテジ系は、会社で広く用いられる経営手法や分析法を。
マネジメント系では、製品の生産やテスト・スケジュール管理で用いられる手法やその利点・欠点を
テクノロジ系では数学の基礎理論からハード・ソフトの広い知識を求められます。
一見広いように見えるこの範囲。
実は結構、過去問を通しての傾向どおりに出ることが多いです。
ストラテジ系においては、各グラフの特徴やABC分析・SWOT分析・BCG分析などの分析法や会計
マネジメント系では各テストの手法を用いた利点・欠点などを問う問題。
テクノロジ系では稼働率や通信規格などの問題がよく出ることが多いです。
この資格を取得すれば、IT社会のパスポートであるITパスポートを晴れて取得。
IT社会への道が開けていくことでしょう。
つい最近、私もこのIT系の資格の対策法を勉強し、どうにかITパスポートを取得しました。
ぜひとも、老いも若きも、ITパスポートを取得して、IT社会の海へ飛び込んで欲しいものです。

Learn More

IT系の資格インターネットセキュリティ対策

インターネットは人々には欠かせないものとなって便利である。
しかし、インターネットを使う際にはウィルスに注意する必要がある。ウィルスとはプログラムの一部を改変する為、パソコンが起動できなくなったりする。それを防ぐためにセキュリティ対策をする必要がある。

セキュリティ対策をするにはウィルスソフトをインストールする必要があるが、有名なソフトをあげると「ノートンインターネットセキュリティ」や「ウィルスバスター」がある。しかし、ただインストールをすればいいという訳でなく、インストール完了後はウィルスソフトのアップデートが必要となる。これにより最新のウィルスに対応できるのでインストール後はセキュリティのアップデートをすることが大事である。また、ウィルスソフトにはファイルに感染しているウィルスも除去できるので定期的に検査をすると良い。
その他の対策としてはwindowsupdateというマイクロソフトが提供しているウェブサイトにアクセスしてセキュリティ更新をするとウィルスにはかかりにくくなる。

完全にウィルスをシャットダウンできないが、上記の対策を行うことでウィルスにはかかりにくくなるので
実行してみるとよいだろう。セキュリティに詳しく勉強するにはIT系資格であるドットコムマスターの本を見るとより詳しく知ることができる。私もIT系資格のドットコムマスターの本で勉強し知識を得ることができた。

Learn More

情報セキュリティ対策を行う為に、万全のIT系の資格が必要である

各企業でIT系資格の一つとして、情報セキュリティの対策である資格取得を強化している。それは、プロジェクトに社員を参加さる際に、プロジェクト内で違反を犯す事例が相次ぐからだ。優秀な開発エンジニアだから、優秀なコンサルタントだから大丈夫とは限らない。そして、違反を犯した時、その影響力はあまりにも大きい。数億円単位に賠償額が請求されるケースもあることは知られているのだろうか。そこで企業は、情報セキュリティの対策として、情報セキュリティに関するIT系資格を奨励するのである。ところが、大切なことはこのIT系資格をとることではなく、違反しないことである。むしろ、免許と呼んだほうがいいかもしれない。そして、車の運転と同じように、免許を取っただけでは駄目で、定期的に変わる道路交通法やドライブテクニックを磨き、どのような事故があるのか学ぶ必要があることに、気づくことが慣用なのだ。情報処理においては、メモリースティックの扱いで首にぶら下げる社内規定をやぶり、トイレに落としてしまったケースがある。このようなケースを定期的に情報セキュリティ教育を行い、管理システムを構築し、責任者が居なくなったとしても自動稼動できるシステムを構築しなくては、出入りの激しい情報処理会社では無意味になり、日本企業の質が疑われるのである。日本はまだまだ弱い国、強く、固く、ユーザインターフェースが良いシステムを作らなければ、世界にアピールできないし、IT系資格を取ったとしても、万全の情報セキュリティ対策とはいえないだろう。

Learn More